FC2ブログ
日本キリスト教協議会 女性委員会 世界祈祷日
| ホーム |
3月3日(第1金曜日)に行われる世界祈祷日-フィリピンからのメッセージ-を
迎えるに辺り、米国のWDP国際委員会〔World Day of Prayer International
Committee〕から メッセージが送られて来ましたので、掲載いたします。


rogo1To National/Regional Committees
Dear WDP sisters and friends

“Am I Being Unfair to You?”
Prepared by the WDP of the Philippines for the celebration in 2017

Mabuhay! Come to the circle and tell your story!

Jesus told stories to teach about the Kingdom of God. We tell stories to make ourselves aware of God’s presence today in the world. The worship service tells the stories of Filipino women seeking for justice. This week, on our common day of prayer, from our own context we will tell the same story, reflect on the same question, and be assured of God’s generosity for all.

World Day of Prayer motto - ‘Informed prayer and prayerful action’ – is at its climax. You have dedicated time to learn about the Philippines, to connect with Filipino people in your own country, to listen to their claims and to ecumenically lift up their concerns and joys to God.

Since we started preparations for this celebration, important changes have happened to the country’s political and social context. To mention just two for its overall impact, let’s highlight the termination of the Peace Talks between the Government of the Philippines (GRP) and the National Democratic Front of the Philippines (NDFP) and the war on drugs. The Peace Talks had the promise to reach agreements about human rights and humanitarian law, ceasefire, social and economic reforms that would alter the context of poverty, violence, and unemployment. The War on Drugs has claimed more than 7,000 lives since last July, and also the arrest of opposition voices to the government’s policy.

As our WDP sisters in the Philippines are telling us -- ‘we need the world’s prayers now’. Once again, the WDP program is timely and we trust that the Holy Spirit will carry on our prayers to fill the hearts of the afflicted. With them, we will be sent off affirming that the God of Justice calls us to plant the seeds of hope, to become fruits of liberation and love. As one voice we will offer our hands to plant, nurture, and harvest those seeds.

We want to thank all who are celebrating the World Day of Prayer. May we be sent forth with the fruits of our communal harvest by God’s sole generosity!

Corinna Harbig, WDPIC Chairperson
&
Rosângela Oliveira, WDPIC Executive Director



 「わたしはあなたに不当なことをしているか?」
2017年世界祈祷日メッセージ (作成国、フィリピン)

マブーハイ(ようこそ)!輪に入ってお話聞かせて!

イエスは神の国について物語で話されました。 私たちは神の存在を知るために物語を語り合います。 この礼拝では正義を求める女性たちが物語を語ります。 3月第1週の世界祈祷日では、私たち一人ひとりのおかれた状況から、同じ物語を語り、その同じ質問を思い返し、すべての人々に対する神の寛大さを確信します。

世界祈祷日のモットーである「情報に基づく祈りと祈りを伴う行動」は今、クライマックスを迎えています。皆さんはフィリピンについて学び、 フィリピンの人々を皆さんの国と関連づけ、またフィリピンの人々の主張に耳を傾け、神に対する人々の関心と喜びを、教派を超えて捧げるために時間を使われました。

フィリピンの世界祈祷日の姉妹たちが語っていることは、私たちには今、世界中で祈りが必要だということです。世界祈祷日のプログラムは、的を得たもので、苦しんでいる人々の心を満たすために、聖霊によって祈りが続けられることを信じています。私たちはフィリピンの友とともに、正義の神が希望の種をまき、自由と愛の果実を収穫するように、招かれている確信をもって送り出されるでしょう。私たちは心を合わせて、これらの種をまき、育て、収穫できるように手をとり合いましょう。

世界祈祷日を記念するすべての皆さまに感謝いたします。神のみが示す寛大さによって、収穫した果実を携えて派遣されますように。

コリーナ・ハービッグ  世界祈祷日国際委員会 議長
ロザンジェラ・オリヴェイラ  世界祈祷日国際委員会 主事

訳 女性委員会 前島惠、北村恵子